平凡リーマンのFIREブログ

2024年12月にFIREするまでの過程を綴っていきます。再現性の高い内容をお届けしますので、一緒にFIREを目指しませんか?

【マイルール】自分で価値を決めよう

お金ってなんだろうって考えた時に、価値の物差しが一番ピンときますね。

 

モノの価値って人によってバラバラなんですよ。だけど、バラバラだと取引ができないから市場内で丁度いいバランスの金額が付けられてるって感じなのでしょう。

 

だから市場価格と自分がつける値段って異なってて当たり前なんですよね。

VUITTONのサンダルに7万の値札がついていても、私はそれに7万の価値は感じず、スーパーで売っている500円のクロックスの偽物と同様の価値をつけるでしょう。

 

そんな訳で、自分が何にどれほどの価格をつけるか考えてみました。

自分の考える価格より安くて必要性があれば買うし、考える価格よりも高かったり、必要がなければ買わないというシンプルな判断ができるようになりますね。

 

自分の基準なので全部書いてもしょうがないので代表例だけ。

 

自炊食費1食 300円

外食一人1食 1000円

外食複数人1食 3000円

飲み会1晩 10000円

飲み会特別 20000円

持ち家 0円/月

自家用車 3000円/月

 

持ち家と自家用車だけ解説を。

持ち家には価値を見出していません。

住んでる所の持ち主が自分だろうと他人だろうと関係ないと考えています。

 

自家用車については月3000円くらいなら持ってもいいかなって感じです。

実際にはそれ以上かかりますので必要ないという判断をしています。

家会社スーパー薬局コンビニが徒歩圏にあり、遠出する時はバス、電車で十分です。大きい買い物の場合は社用車を使うことも可能なのでますます必要性を感じません。

 

自分で設定する金額も状況により必要性が変わるため当然変化しますが一度ニュートラルな状況でこういうことを考えるのはありですね。

 

値札に書かれている額を自ら決めた値段と比較して優位であれば買う、そうでなければ買わないというルールもありですね。

 

VUITTONの7万のサンダルを買う人はVUITTONと価値基準が同じなのかそれ以上、もしくは自分の中に価値基準がなくてVUITTONの提示額が自分の価値基準になってしまう人なのかもしれませんね。

 

因みに私が高校生の時は自分の価値基準がなかったので、お年玉全ツッパしてVUITTONの長財布使っていました。

 


f:id:recklessxxx:20201206222157j:image