平凡リーマンのFIREブログ

2024年12月にFIREするまでの過程を綴っていきます。再現性の高い内容をお届けしますので、一緒にFIREを目指しませんか?

【節約】節約とケチって?

2020年ももうすぐ終わりですね。

年の瀬には出費が嵩むものですが、FIREを目指している身としては節約に節約を重ね、爪に火を灯す生活をしないといけませんね。

ただケチじゃないんで使うところは使っていきます。

ということで費用を概算したところ、今月の予定特別出費は以下の通りとなりました。

 

忘年会×3 20000円

スノボ×2 20000円

お年玉×4 20000円

 

6万かぁ。

ガチの節約家なら全部無しって選択肢もあるのでしょうが、流石にそこまで切り詰めたいわけじゃ無いので。

忘年会も会社、友人、社会人サークルの3回もありますが、どれも行く価値はあると思っています。

スノボは趣味です。若いうちのが楽しめるアクティビティは我慢しません。FIRE後は暖かい国へ移住予定なので雪は降りませんしね。

お年玉は必要経費です。叔父から散々もらっていましたので、その分は姪にあげないといけません。

 

で本題です。

ケチと節約の明確な違いって何でしょうか。

漠然とですが、こんな感じで考えています↓

 

不必要なものを削るのが節約

必要なものまで削るのがケチ

 

必要/不必要は個人の考え方なので他人のモノサシに合わせる必要はありません。

他人がどう言おうと自分にとって必要であれば必要なのです。

私にとっては飲み会もスノボもお年玉も必要なのです。

なのでこれらを削った瞬間に私はケチに墜ちるでしょう。

 

逆にVUITTONの7万のサンダルは不必要なので買わなくてもケチにはなりません。

でもこの世界のどこかには、VUITTONの7万のサンダルを買わずに偽クロックスを履いている人に対してケチだと思う人もいるかのしれません。

 

つまり、よくよく考えると自分で節約と思っていたところで、他人からしたらケチに見える可能性がある言うことです。

 

ならば、節約とかケチとかっていう言葉に振り回されず自分の信念や考え方沿って判断していくのがいいかもしれませんね。

 


f:id:recklessxxx:20201212192751j:image